【タイプ別】現代的な夏バテ予防 自律神経の乱れに対策を!

【夏バテのタイプチェックはこちら♪】
夏バテの症状 あなたはどのタイプ?

現代的な夏バテは
暑い環境と涼しい環境を行ったり来たりすることによって

交感神経と副交感神経がめまぐるしく入れ替わり
バランスが崩れてしまうことが原因で起こります。

特に女性は“冷え”を感じることもあり

体の各組織の機能が低下して

下痢・便秘・食欲不振・冷え・ほてり
不定愁訴など毎日を憂鬱に感じるといった症状が現れます。

			
【スポンサーリンク】

◆現代的な夏バテの症状

 

いわゆるエアコンによる夏バテなのですが

・暑いところと涼しいところを行ったり来たり
・部屋は涼しいけど、背中に陽があたって暑い

といった環境下で特に起こりやすい夏バテです。

症状としては、精神的にも影響があるのが特徴です。

通常の下痢・便秘・食欲不振といった症状に加えて
冷え・ほてり・鬱などの症状が現れます。

 

◆エアコンによる夏バテの対策(予防)

 
冷えた所は温めて、ほてったところは冷やす。
そして、細かな休息が夏バテ予防のポイントとなります。

まず・・・温かいものを飲むか冷たいものを飲むか
ということですが

これは、お腹に手を当てて確認して見ましょう。

お腹が冷たければ温かいものを
お腹が温かければ冷たいものをとると、体への負担が軽減されます。

そして、暑いところから涼しいところへ移動したら
衣服の中の熱気を逃がすのも大切なことですね。

シャツの胸のあたりを掴んでパタパタ。
これだけでも随分違ってきます。

もちろん、上着を着たり脱いだりといった
服装の調整も面倒くさがらずに行いましょう。

その他には、朝食前に熱めのシャワーを浴びるのも効果的です。

入浴は、寝る1時間前に40度のお湯につかるのがベスト。
夏バテのタイプによって、入浴のタイミングが変わってきます。

さらには、昼寝(20分以内)も夏バテ対策として効果的。

暑さで体力が奪われてしまうので
こまめに体を休めることはとても大切です。

そして、食事は一品は温かいものを加えるようにしましょう。
みそ汁やスープなどが取り入れやすいのでおすすめです。

 

◆まとめ

 
夏バテの時の食事の内容については
昔ながらの夏バテタイプとほぼ共通しています。

夏バテ対策は、栄養と休養をしっかり取る!

これに限りますね。

あとは、汗をしっかりかいて自律神経を整えるという
方法もありますが

日中、陽の下で汗をかくようなことは極力避けて
早朝や夕方などの涼しい時間帯に軽い運動を取り入れたいものです。

【スポンサーリンク】
2015年8月6日 【タイプ別】現代的な夏バテ予防 自律神経の乱れに対策を! はコメントを受け付けていません。 健康・美容