ウォーキングデッド【シーズン6】7話&8話(前半最終回)あらすじ&ネタバレ 9話からさらに盛り上がること間違いなし!!

ウォーキングデッド シーズン6話の前半の最終回8話まで見たところですが、グレンとイーニッドが町の手前で逃げようとするイーニッドに

「だから失うんだよ」と、かなりキツイことを言っていましたが、これ以上何も失って欲しくないというグレンの気持ちを垣間見ることができたように思います。

そしてキャロルとモーガンの対決!見ていてハラハラしました。

今回は、7話&8話のあらすじや感想を書いています。
(※ネタバレ&個人的見解が含まれていますのでご注意下さい)

			
【スポンサーリンク】

■7話 グレンは生きていた!イーニッドは外で・・・

グレンは生きていました。
コンテナの下に入り込み、ウォーカーが立ち去るのを待ちます。

ウォーカーが立ち去った後は静かで、グレンが武器を調達しているとイーニッドが現れてペットボトルに入った水を投げてよこします。

水を投げると、グレンが引き止めるのも聞かず建物に入っていきます。

グレンが追いかけて建物に入ると、飲み水を置いてある場所をグレンに伝えるイーニッドの声だけが聞こえてきます。

グレンは水を飲み、アレクサンドリアで何があったか聞くと、イーニッドは町は人に襲われたと言います。

マギーの安否を聞くとイーニッドが走って逃げたので、グレンは追いかけます。

その頃、アレクサンドリアではマギーが監視塔でグレンの合図を待っていました。

マギーに声を掛けるリック。
リックは今まで数々の困難を乗り越えてきたのだから大丈夫だと言います。

そしてマギーは、ジュディスがローリに似てきたから嬉しいと答えます。

リックはカールと一緒に、ロンに銃の扱い方を教えます。

その後、リックは額に“W”と書いた5人組に襲われたと言って、町から彼らを逃がしたモーガンと話をします。

モーガンは人は変わると信じていました。

でも、その考えは変えられないので町を出て行くしかないのかとー。

そんなモーガンに、リックは“検討中だ”と答えます。

リックはミショーンと、ウォーカーを散らす算段をします。
そして自分たちだけで実行しようと言うと、ミショーンは反対しているようでした。

そこへ、ディアナが町の拡張計画書を持ってやって来ます。

ユージーンやジェシーたちは、ナイフの使い方の練習を始めます。

グレンは、イーニッドを連れて帰ろうとしますが、イーニッドは銃を向けて反抗します。

でもイーニッドは銃を撃たないと確信したグレンは、ウォーカーの半数が家に向かったので案内するように言います。

イーニッドは歩きながら、目印の緑の風船をリュックにくくりつけます。

気を反らせるのに使えるから、とー。

グレンは、ヘリウムガスと風船と糸がある場所にイーニッドを連れて行きます。

イーニッドは失うことを怖がっているのだと、グレンは言います。
でも、死者のために生きなければならない。とー。

そして町に辿り着き、ウォーカーが壁を囲っている光景を目の当たりにします。

“世界は終わる”と逃げようとするイーニッドをグレンは説得します。

町ではロンが武器庫に忍び込んで銃弾を手にし、スペンサーは一人でワイヤーをつたって車を取りに行こうとします。

ワイヤーの片方が外れて、スペンサーはウォーカーの中に落ちますが間一髪で助かります。

そしてモーガンは、抗生物質の量はどのくらい残っているか聞きます。

感染したけれど薬を無駄にしたくない。
そして、俺ではないと言うのでしたー。

モーガンは をWの男の所へ連れて行き、その様子にキャロルが気づきます。

キャロルは抱いていたジュディスをジェシーに預けに行くと、2階から降りれなくなったサムがキャロルに話しかけます。

サム“受け入れないとどうなる?”
キャロル“受け入れないと生きていけない”

サム“人を殺したら怪物になるの?”
キャロル“怪物にならないために殺すの”

キャロルはジェシーにジュディスを預けて、モーガンの所へ行きます。
中に誰がいるのー?

そして、町を歩くカールの後ろをロンがつけるように歩き、銃を取り出そうとします。

その頃、リックが壁の補強をしているとマギーが駆け寄って来ます。
グレンが生きて戻ってきたのでした。

しかしその時、壁の外に立てられた時計台が崩れて塀が壊れてしまいますー。

 

■8話 アレクサンドリアの町が崩壊・・・!?

塔が崩れて壁が倒れ、ウォーカーがなだれ込んできます。

マギーはかろうじて監視台の上に上り、ユージーンはタラとロジータに助けられます。

キャロルはモーガンに助けられ、

リック、ミショーン、ディアナ、牧師はジェシーに助けられながら家に入ります。

2階にいたサムは“怪物が来たの?”と怯えますが、騒動の中、誰もサムに構うことは出来ませんでしたー。

ディアナの手当てをミショーンが行いますが、ディアナは横腹を噛まれていました。

町はウォーカーで溢れますが、リックはウォーカーが一か所に集まったら武器庫へ照明弾を取りに行き、彼らを誘導するとジェシーに話します。

ミショーンはディアナと話をします。
“あなたの望みは何ー”

別の部屋で、カールはロンと二人きりになり、ロンはリックのことを殺人者だと言うと、カールの父親も同じだと言います。

ロンは鍵を閉めて、俺も死ぬんだと言ってドアの鍵を閉めて銃を構えます。

二人はもみ合いになり、ついに窓が破れてウォーカーたちが入って来ます。

カールの叫び声を聞いたリックは、すぐに駆けつけてドアの鍵を壊します。

カールとロンは助かりますがウォーカーの力は強く、ジェシーのナイトテーブルをロンが取りに行くとカールも一緒に行きます。

カールはロンから銃を取り上げ、リックがロンの父親を撃った理由を言います。

無表情のままのロン。

タラ、ロジータ、ユージーンが非難した家は静かで、ユージーンは本を読み、悲観的なロジータをタラが勇気づけます。

キャロルはWの男を巡って、モーガンと対決することになります。
二人が構え合っているとWの男は“俺を殺せ”と言います。

しかし、モーガンはキャロルを倒し、Wの男はモーガンを倒します。
たった一人残された女医ー。

タラたちが助けに来ますが、女医を人質に取られたままWの男は出て行ってしまいます。

一方、ジェシーの家ではウォーカーがなだれ込んできたため、階段をソファで塞いで2階へ避難し、ウォーカーの内臓を塗りつけたシーツを被って武器庫へ行くことにします。

リックに言われてミショーンはディアナの様子を見に行きます。

ディアナは自分の最後は自分の手でー、と言い“いつかこの痛みは有益となるだろう”という言葉を残します。

リックたちが外に出る準備をしていると、サムが姿を見せて泣き始めます。

サムを説得するジェシー。

カールはシーツの下にジュディスを隠して、サムとロンを含めた全員で武器庫へ向かいます。

全員(リック・カール・ジェシー・サム・ロン・牧師・ミショーン)は手を繋ぎ、ウォーカーの中をゆっくり歩きますがサムが声を出してしまいます。

「ママ、ママ」

外から様子を見ていたグレンは、東側からウォーカーが町に入り込んでいたので、西側から壁を乗り越えようとします。

その時、マギーの姿を見つけます。

ダリル・エイブラハム・サシャは、町に戻る途中でバイクに乗った男達に待ち伏せされてしまいます。

男は武器はもちろん、車・燃料・そのほかの何から何まで渡すように言います。

男は“ニーガン”と名乗りますー。

 

■感想まとめ

ジェシーの息子のサムとロンは、かなり勘違いをしていて相当危険ですが、思い返せばカールも最初の頃は、とても危うかったですよね。

これからロンが改心してサムが強くなってくれればいいのですが、ウォーカーの臭いをつけたシーツを着て、「ママ」と声を出すサムー。

そこで場面が終わってしまいましたが、サムがウォーカーに襲われないといいけど・・・と、心配になってしまいます。

しかも、サムの後ろを歩いていたのはロン。

この二人・・・かなり心配です。

それと、逃げ出したイーニッドは戻ってくると思います。

もうこれ以上、何も失いたくないですもんね。

そして、シーズン史上最強最悪の男・ニーガンの登場です。

ウォーキングデッド シーズン6の後半がとても楽しみです。

 

■ウォーキングデッド シーズン7情報などなど~♪

シーズン7の制作が決定したそうです!
放送はおそらく2016年の10月ごろからかなと思います。(←まだ未定ですのでご注意下さい)

【スポンサーリンク】
2015年12月4日 ウォーキングデッド【シーズン6】7話&8話(前半最終回)あらすじ&ネタバレ 9話からさらに盛り上がること間違いなし!! はコメントを受け付けていません。 海外ドラマ