ウォーキングデッド【シーズン5】13話~16話(最終話)あらすじ&ネタバレ リックの仲間は本当の家族

ウォーキングデッドのシーズン5の13話~16話(最終話)までをまとめて見てみましたが、人が集まると揉め事が起こるものですね。

アレクサンドリアの住人たちは幸せそうに見えますが、それぞれに問題を抱えているようです。

そして、理想郷の中で現実と向き合わなければなりませんが、悲惨な現実からは目を反らしたいのが人間の心理というものでしょう。

しかし、その中に居ながらも現実と向き合い、リックもまた現実と向き合わなければならないと伝える決心をします。

かなり見応えのあるシーズン5のあらすじをまとめています。
(※ネタバレ&個人的見解がたっぷり含まれていますのでご注意下さい)

			
【スポンサーリンク】

■13話 サシャは戦士

サシャは、銃器の管理をしているオリビアから自分の銃を受け取って外に出ます。

部屋から持って出た数枚の写真盾を撃ち、何かを待ちます。

同じく塀の外で、リック・ダリル・キャロルは話をします。

リックが隠していた銃がなくなっていることを打ち明け、とりあえずは3人の秘密ということにします。

警官の制服を着たミショーンに、何か企んでいるのかもしれないと話すリックー。

リックは、今の平和がそのまま続くとは思っていませんでした。

一方で、最初に出会った男・アーロンがダリルの前に現れます。

どうしてつけているのかとダリルが問うと、ウサギ狩りに来ただけで偶然だと言います。

二人は連れ立って森の中を歩くことにします。

リックは町を守るための警備が必要だと言いますが、監視塔には誰も配備されていませんでした。

驚いたリック。そしてサシャは自分が監視塔に立つと言います。

しかし、今夜は全員参加の歓迎会を行うので、監視塔に立つのは無理だとディアナは言うのでしたー。

ダリルたちは狩をしている途中で馬を見つけます。
捕獲しようとダリルが近寄ると、ウォーカーが現れ馬は逃げてしまいます。

ウォーカーを退治して狩を続けますが、馬はウォーカーに横取りされてしまいます。

その頃、キャロルはオリビアとクッキーの作り方について話しをしていました。

そしてチョコレートもあり、キャロルは材料の確認をしながら銃を取りに来た男達と一緒に武器を置いてある部屋に入ります。

話をしながら、見つからないように窓のロックをはずすキャロルー。

その日のパーティーで、リックは初めてディアナの夫のレジと話をします。

そして勧められるままにリックはお酒を口にします。

夜には、ダリル以外の全員がパーティーに参加します。

外からパーティーの行われている部屋を眺め、立ち去ろうとするとアーロンに呼び止められ夕食に誘われます。

アーロンは組み立てる途中のバイクと部品をダリルに見せます。
君なら出来るんじゃないかー?

しかし、ダリルに本当に頼みたいことは、一緒にスカウトをして欲しいということでした。

外の人間を町に連れてくるスカウトで必要なのは、善人と悪人を区別することで、ダリルはアーロンにその才能を見抜かれ悪い気はしないようでした。

オリビアがパーティーに来たことを確認して、キャロルは武器の調達に向かいます。

塀の外で、キャロルが調達した武器を、ダリルは必要ないと言います。

サシャは武器を持って一人塀の外に出ようとすると、ディアナはサシャが心に何を抱えているのか知りたいと言い

ミショーンは、自分の部屋に刀を飾ります。

 

■14話 ゲイブリエルの企み

牧師は祭壇に立ち、置いてあった聖書を破りますー。

ダリルはバイクでスカウトに向かい、ノアはレジが持ってきた朝食を食べながら建築を教えて欲しいと頼みます。

町では停電が度々起こるため、グレンとマギー、ノア、タラ、ユージーンと町の住人の二人が部品の調達に向かいます。

倉庫でユージーンが部品を見つけますが、防護服を着たウォーカーが襲ってきて銃を乱射。
そしてニコラスは手りゅう弾を投げてしまいます。

タラは出血して倒れていました。

そして、爆破の衝撃で串刺しになったニコラすが犠牲になります。

回転ドアの中で、ウォーカーに囲まれるグレン・ノアとニコラス。

そこへユージーンが大音量の音を流しながら、車でウォーカーをおびき寄せます。

そのタイミングでグレンがライフルを取りに行こうとすると、先にニコラスが飛び出してしまい、ノアが犠牲になってしまいます。

ユージーンの乗った車に駆けつけるニコラス。

しかし一人で来たニコラスにユージーンは怒り、しばらくするとグレンがやって来ます。

その頃、エイブラハムは町を囲う塀の資材を集めていました。

しかしウォーカーが襲ってきて、逃げ遅れた住人を助けるために、エイブラハムは一人でウォーカーの群れに向かっていきます。

それに気づいた一人の住人が、エイブラハムの援護を始めます。

仲間を置き去りにしたことにエイブラハムは怒りますが、日没まで3時間あるので作業を続けようと言います。

壁を作るためにー。

建築の指揮官は、エイブラハムが任命されます。

そして、キャロルはサムという男の子に懐かれてしまいます。

リックが調査していたフクロウの置物を壊したのはサムでした。
サムは悲しいことがあると物を壊すと言います。

サムの様子が気になったキャロルはサムの家に行きますが、父親・ピートの態度はそっけなくジェシーと話がしたいとキャロルが言うと“今は忙しい”と言ってドアを閉めてしまいます。

ゲイブリエルはディアナを訪ねます。
リックと彼の仲間は善人ではないと、牧師のゲイブリエルに言うのでした。

彼らは自分の命を優先させて、全てを壊すだろうとー、
そしてこの理想郷に住む権利はないと言うのでした。

ディアナはしばらく考えてみると言います。

その頃、キャロルはリックにピートが虐待していることを伝え、サムとジェシーを救おうと提案します。

 

■15話 エイデンの企み

キャロルの所へサムがやって来て、監視塔に立つサシャは暗闇に向かって銃を構えます。

そして息子を亡くしたディアナとレジの所へ、キャロルは料理にメッセージを添えてドアの所に置きますが、ディアナは料理を置いたままメッセージだけを家に持って入り燃やしてしまいます。

ディアナの事情聴取で、エイデンはグレンたちを悪人にするための作り話をします。

グレンは、リックに自分の行いを確認します。
エイデンを連れて帰ったことは正しかったのかー。とー。

グレンは、何とかここに残りたいと言います。

一方、キャロルはピートの家の前にいました。

サムは時々、内側に鍵のついたクローゼットに隠れて、母親の叫ぶ声と大きな物音を聞いていたとキャロルに話します。

そして先月はジェシーが倒れていて、それでもビートは知らんふりをしていたとー。

夜ー、リックはピートに出て行くように言います。

朝、ミショーンが目覚めて警官の制服を着ようか悩んでいる所へロジータが訪ねてきます。

タラの容体は落ち着いたけど、監視塔から降りたサシャが外へ出ていったと聞いて、ミショーンとタラはサシャを探しに出かけます。

墓の前に立つディアナに、リックは声を掛けます。

ディアナはピートのことを知っていましたが、彼が外科医であることと、人間は殺さない方針だと言います。

唯一残された方法は、追放。

しかし、追放しても戻ってきたら?という問いに、ディアナはそれでも、この町の精神は守ると言います。

そしてリックにも追い出される可能性があると言うのでしたー。

カールは、いつも一人で森に入っていく女の子を追いかけます。

女の子は、忘れたくないから外に出ることも必要だと言います。
お互いに少し怖がっていて、恋の予感ー。

ウォーカーが集団で向かって来たので、二人は木の隙間に逃げ込み身を隠します。

その頃、サシャは森のウォーカー退治をしていました。

ミショーンとロジータが合流して、ウォーカーの集団を一掃します。

サシャには、町に染まっていくことが許せなかったのです。

ダリルたちは森の中で異様な光景を目の当たりにします。
それは人間の仕業でしたー。

町では、リックがジェシーと話をします。
しかしジェシーはピートは心に傷を負っていると言います。

ジェシーは自分で何とかすると言いますが、リックは放っておけないと言います。

でも、その言葉は聞き入れてもらえませんでした。

サムがジェシーを守るために銃を欲しがった。

リックは壁の中でも戦わなくてはならないと言います。

そこへピートが来て、ジェシーは家から出て行ってと言います。
リックとピートがもみ合いになり、そこへ町の人たちが駆けつけます。

ディアナが二人の喧嘩を止めますが、リックの口は止まらず、ついにミショーンがリックを殴ります。

その時町の外へ多くのウォーカーが押し寄せてきて来ていました。

 

■16話 ダリルとアーロンの仲、そしてモーガンの登場

森の中で、モーガンは二人の男と出会います。
食うか食われるかー、しかし、モーガンは強く気を失った二人の男を来気絶させて車に乗せます。

最後にクラクションを鳴らして、モーガンは立ち去ります。

気を失っていたリックが目を覚ますと、傍にミショーンが居ました。
ミショーンは一晩中付き添っていました。

ピートは家を出たと言います。

ダリルとキャロル、エイブラハムが来て今夜会合が行われると言います。

すでにリックは限界が来ていて、反撃するときの算段をします。

一方、マギーはディアナに意見します。
今会合を開くのは間違いで、リーダー失格だ、とー。

レジもまた、マギーの味方をします。リックを止めたのはミショーンだったと。

キャロルは、リックが正しかったと言います。なぜなら、味方が増えたからでした。
そしてリックに銃を渡します。

家に戻ったリックはカールと話をします。

カールは、彼らを説得して欲しいとリックに言います。

森の中で、ダリルとアーロンは一人の男を見つけます。

缶詰工場で見失ってしまい、一旦戻って男にあげるための食料を用意しに戻るという言葉に、ダリルは工場内のウォーカーを外から一掃して中に入ることにします。

しかし、工場内には思っていたより多くのウォーカーが居ました。

車の中に逃げ込みますが、ウォーカーたちが寄ってきてどうにもなりませんでした。

しかし、ダリルは町にいるときは息苦しくて、今の方がいいと言います。

ダリルが自分が惹きつけると言うと、アーロンは共に戦うと言います。
二人一緒にー。

二人が一緒に車を飛び出してフェンスに向かおうと決めた時、モーガンが助けに来ます。

ダリルが、なぜ助けたと聞くと、モーガンは命が大事だからと答えます。

アーロンがコミュニィティにモーガンを誘うと、モーガンは行くところがあるけど迷子になったと言って、途中で拾ったリックへのメッセージが書かれた地図をダリルに見せます。

キャロルは、ピートにタラを診るようにと刃物を向けます。
そして奥さんと別れて暮らすようにとー。

その一方で、グレンは壁をよじ登って外に出て行くエイデンを見つけて追いかけます。
森の中でグレンはエイデンに撃たれてしまいます。

エイブラハムがタラのお見舞いに行くと、ユージーンがベッドの横の椅子でうたた寝をしていました。

同じ部屋にいたロジータは、ユージーンは眠っているからと招き入れてエイブラハムを椅子に座らせます。

大きな物音を立てるロジータ。

ユージーンは目を覚まし、タラとエイブラハムに救われたと礼を言って、そして謝ります。
エイブラハムはユージーンのことを許します。

会合が始まる前、リックはミショーンに隠し持っていた銃を渡します。

ミショーンはリックの味方でしたが、銃と刀はもう置いたと言います。
必ず解決方法は見つかるから、自分から動かないでー、それがミショーンの言葉でした。

ミショーンが出て行った後、リックは異変に気づきます。

外へ出入りする扉が開かれ、中に向かって血の跡がついていました。
リックは、急いで扉を閉めます。

その頃、会合はリック不在のまま開かれます。

ミショーンやキャロルが町の人たちを説得している間、リックは町に入ってきたウォーカーを退治します。

そして、ウォーカーを会合の場所へ持って行き

壁の中の自分たちは、ウォーカーにとっても人間にとっても標的だと言います。
みんなに生きる術を教える。

そのために、みんなが変わるべきだ。-と、リックは言います。

その時、ピートが暴れ出してレジが亡くなってしまいます。
ディアナはリックに指示を出します。

指示に従ってピートを撃つリック。

その時、ダリルとアーロンに連れられたモーガンが“リック”と声を掛けます。

【スポンサーリンク】
2015年11月28日 ウォーキングデッド【シーズン5】13話~16話(最終話)あらすじ&ネタバレ リックの仲間は本当の家族 はコメントを受け付けていません。 海外ドラマ