ウォーキングデッド【シーズン5】5話~8話までのあらすじ&ネタバレ ついにベスが・・・

ウォーキングデッドは登場人物が次々に入れ変わっていきますが、ついにベスがー。
ベスの歌声、可愛くてとっても好きなんですよね。

その一方で、ユージーンが嘘をついていたと告白し、エイブラハムが激怒します。

生き残るための嘘ー、この世を生き残るためにはあらゆる手段を使わなくてはなりません。

そんな中、リックも他人を信用できなくなりますが、仲間の言葉に耳を傾ける余裕はまだあるようです。

さて、今回はウォーキングデッド シーズン5の5話から8話までをまとめています。
(※ネタバレと個人的見解が含まれていますのでご注意下さい)

			
【スポンサーリンク】

■5話

車の中で、ロジータはエイブラハムの神の毛が伸びたと話をします。
平和な会話が続く中、ユージーンは一人気難しい表情をしていました。

ユージーンは、昨日と一昨日と牧師のことを考えていました。

グレンが世界を救うために何をするのか尋ねると、ユージーンは相変わらず機密だと答えます。

髪型についてはヒトゲノム研究所の上司ブルックス・エリス氏に気に入られたから、誰にも切らせないと言います。

しかし、事故を起こしてしまい車は横転、ウォーカーたちが寄って来ます。

エンジンには火が付き、全員は強行突破しなければなりませんでした。

グレンとエイブラハムが先陣を切り、ユージーンの援護をタラが行います。

ウォーカー退治もひと段落したところで、エイブラハムは先に進むと言います。

ユージーンやグレンたちは教会に戻るべきだと言いますが、結局はエイブラハムの勢いに押され先に進むしかありませんでした。

夜、ユージーンはバスに細工したことをタラに告白します。

ユージーンは世界を救えなかった時にみんなに捨てられると、不安を感じていたのです。

朝になり、一台の消防車を見つけますがエンジンがすぐに止まってしまいます。

立ち往生しているところへまたウォーカーの群れが現れ、水を撒くユージーン。
ウォーカーの一掃はできますが、全員がびしょぬれになってしまいます。

消防車の修理に取り掛かるエイブラハム。

その時、風にのって異臭が漂ってきます。

確認に行くと、大量のウォーカーがいました。

グレンは回り道をしようと言いますが、エイブラハムは突き進むと言います。

遠回りもしないし戻りもしないというエイブラハムに、ロジータは反対します。
するとエイブラハムはユージーンの腕を掴みー。

全員が必死に止めようとするとユージーンが言います。
「科学者じゃない」とー。

ユージーンは頭が良いだけで科学者ではなかったのです。

ワシントンDCに行きたかったのは、生き残れる確率が高かったからということだけでしたー。

エイブラハムはユージーンを殴ります。

ユージーンと出会った時、エイブラハムはエレンと子供たちの無残な姿を確認した直後でした。

自分の口に銃を入れた瞬間、ウォーカーに追われたユージーンがやって来てエイブラハムは助けます。

その時、ユージーンはエイブラハムに“重大な任務がある”と言い、そこから二人の旅が始まったのでしたー。

 

■6話

キャロルのリックに別れを告げられ、一人車に乗って旅立った時の事ー。
一人になったキャロルは安全な家を見つけ、そこで過ごしていました。

教会でダリルとキャロルは、ベスが連れ去られた車を追いかけます。

しかし、途中でガス欠にあったので安全な場所へ避難することにします。

夜、建物のどこかで物音がするので確認に行くと、ウォーカーになった子供たちが閉じ込められていました。

一掃しようとするキャロルをダリルは引き止めます。

そしてキャロルが目を覚ますと、ダリルが一掃して燃やしていましたー。

キャロルはダリルに礼を言って、
二人はベスを探すために高い建物に入り、街を見渡し橋の上にベスを連れ去った車に似ている車を見つけます。

建物から出ようとしたところノアに武器を奪われてしまいますが、そのまま車に向かった二人はベスが連れ去られたのは病院だと知ります。

二人は向かいの建物から、病院の様子を見ます。

そこで再びノアと出会いますが、ノアはウォーカーを倒すために銃を使いその音を聞きつけて奴らがやって来ると言います。

その時、病院にベスが捕らえられていることを知りますが、とりあえず安全のために隣のビルの地下室に逃げる途中でキャロルが車にひかれ病院に運ばれます。

ダリルとノアは、ベスとキャロルを救出するために手を組むことにします。

 

■7話

ダリルとノアは教会へ戻ります。

教会の椅子などを床から剥がし、武器として持っていくリック・サシャ・タイリース。

その一方で、ユージーンはエイブラハムに殴られて気を失ったままでした。

リックは日没から作戦を開始するといって、病院内の全員を攻撃することを提案しますが、タイリースは人質案を提案します。

警官を人質に取ってベスとキャロルと交換ー。

ダリルもドーンは秩序を保ちたいので人質案に賛成します。

一方、ベスはキャロルを見つけて見守りますが、キャロルの回復の見込みはなく資源の節約のために機器を外すことになります。

しかし、反対するベスにドーンは薬品の棚の鍵を渡し“あなたが救うのよ”と言います。

ベスにドーンが鍵を渡したことを知って、医師は何か裏があると言います。

それでも医師から聞いた名前の薬を取りに、ベスは棚へ向かいます。

その頃、病院の外では警官二人を確保。

しかし一台の車が乗りこんできて人質作戦は失敗しかけますが、形勢逆転、リックが有利となります。

警官二人は平和を望んでいるので、リックたちに協力すると言います。

しかし、それは見せかけでしたー。

 

■8話

サシャの同情をひいて逃げ出した警官は、後から追いかけてきたリックが運転する車にひかれてしまいます。

警官が何を言ってもリックは信じませんでした。
そしてトドメを撃ちます。

一方、カールとミーシャの方は牧師が教会を抜け出します。

牧師は学校へ行き誰かを探しているようでしたが、ウォーカーの大群に追いかけられ慌てて教会に戻ります。

ミショーンとカールがドアを開けると、牧師と一緒にウォーカーたちがなだれ込んできます。

奥の部屋へ行き、抜け道から外へ出たミショーン・カールと牧師は、再び表へ行き、今度は外からドアを固定してウォーカーを閉じ込めるのでしたー。

しかし、ウォーカーたちがドアを破って外へ出ようとした時ー、
グレンとマギーたちが戻ってきます。

そして、ユージーンが科学者ではなかったのでワシントン行きはなくなったと言います。

ミショーンはマギーに、みんながベスを救出しにアトランタの病院へ向かったと話します。

リックのほうは、残った警官の人質は二人、シェパードとリカリの二人が協力するかどうか見極めなければなりませんでした。

外に出た警官と連絡が取れず苛立つドーン。

ベスはドーンのことをよく思っていませんでしたが、ベスを2度守ったのはドーンでした。

自分の手を汚さずに厄介者を排除するためにー。
そう感じたベスは、ドーンにここを出ていくと宣言します。

ドーンは、自分の若い頃に似ていると言います。

そしてー、ベスとキャロルにここに残って協力して欲しいと言います。

外では、リックが人質交換の交渉をしていました。

交渉は成立し、人質の交換は無事終わったと思った時、ドーンがノアを返すように言います。

ノアは大人しくドーン側へ行くと、ベスは隠し持っていたハサミでドーンを刺し、他の警官に撃たれてしまいます。

そこから銃撃戦になるかと思われましたが、リカリが阻止してその場は収まります。

この時犠牲になったのはベスとドーンの二人でした。

病院の外にはマギーやグレンたちが到着しますが、ダリルに抱きかかえられたベスを見てマギーは泣き叫びますー。

【スポンサーリンク】
2015年11月27日 ウォーキングデッド【シーズン5】5話~8話までのあらすじ&ネタバレ ついにベスが・・・ はコメントを受け付けていません。 海外ドラマ