ウォーキングデッド【シーズン5】1話&2話&3話&4話あらすじ&ネタバレ おぞましい世界の終末

ウォーキングデッド シーズン5を見ているところですが、かなりおぞましい世界の終末となってきました。

終着駅の住人は食人鬼で、牧師も怪しく・・・。

そんな中、カールでさえも自分の中に怪物がいるのだと自覚します。

さて、ジュディスはこれから育って行くのですが、ウォーカーに囲まれた環境に育って大丈夫かなー、と思います。

シーズン4のリジーがその伏線だったとしたら、かなり怖いことになりそうですが、まだしばらく赤ちゃんのままでいてくれそうなので癒されます。

それでは、ウォーキングデッド1話2話3話4話のあらすじです。
(※ネタバレと個人的見解をたっぷり含んでいますのでご注意下さい。)

			
【スポンサーリンク】

■1話 キャロル単独で“終着駅”を襲撃

“終着駅”は“聖域”ではなく、不気味な団体でした。
生きている人間の頭を殴り首を・・・。

まるで流れ作業のように手際よく行っていきます。

グレンの順番になったとき、一人の男がリックに森に隠した鞄のことを尋ねます。

リックが話し終わり、グレンの頭が殴られそうになった時爆発が起こります。

終着駅でリックたちが銃撃戦をしている時の音を、森の中でキャロルとタイリースが聞いていたのです。

その時、森の中で終着駅の仲間の一人を捕まえて話を聞いたキャロルとタイリースは、リックたちが中に居ることを知り、キャロルは助けに向かいます。

ちょうどウォーカーの大群が終着駅に向かったので、キャロルは自分にウォーカーの臭いをつけて紛れ込みます。

キャロルは柵の外からガスタンクを銃で撃ち破り、そこに花火を打ち込みます。

さらにウォーカーが群れとなってなだれ込み、終着駅は大騒動になります。

リックは騒ぎの中、服の袖に仕込んでいた木切れで手の縄を切り、監視に残っていた男を倒します。

ウォーカーに紛れながら物資を集めた倉庫に忍び込んだキャロルは、ハーシェルの腕時計と複合弓を見つけて持ち去ります。

その時、キャロルは女ボスと対峙します。

最初は“聖域”だった終着駅は、奴らに奪われ、再びそれを取り戻したのだと言います。
そして、その時からよそ者を受け入れては物資を奪い始末していたのです。

リック・カール・ダリル・マギー・グレン・ミショーン・サシャ・ボブ・タラは、無事終着駅の外に逃げ出し、キャロルと再会します。

そしてジュディスとの再会ー。

リックとカールはその思いがけない再会に驚き、ジュディスに駆け寄り抱きしめます。

リックは終着駅に戻って全滅させると言っていましたが、ジュディスを見た途端、先に進むことにします。

 

■2話 終着駅の住人・食人鬼たちの復讐

リックたちは歩き続けます。

日が暮れて、リックはキャロルにお礼を言って戻ってきて欲しいと言います。

夜中、ダリルとキャロルは見張りをしますが、キャロルは何も話したくないと言います。
その時、ダリルは何か気配を感じますがー、

朝、確認に行っても何の形跡もありませんでした。

そんな話をしながら歩いていると、悲鳴が聞こえてきます。

その男は牧師だと言って、リックたちを教会まで案内します。

教会はとてもキレイで、物資の調達が必要だったためしばらく滞在することにします。

しかし、リックは牧師のことを信用していませんでした。

タイリース・ジュディスとカールを教会に残し、ダリルとキャロルは水の調達に向かい、リックたちは街へ行きます。

物資の調達は無事終わり、その夜は賑やかな晩餐になります。

そこでユージーンと一緒に、ワシントンに行かないかとリックたちは誘われます。
世界一安全な場所へー。

その時、ジュディスが第一声を上げたので、リックは「この子が行くと言っている」と言います。

「この子が行くなら俺も行く。そして皆もだ」

しばらく教会には笑い声が鳴り響きます。

キャロルは外に出ます。ウォーカーを倒したところにダリルがやって来て戻ろうと言いますが、その時車が走り去っていきます。

ベスが連れ去られたー、ダリルはそう言うと、急いで車を追いかけていきます。

さらに、ボブが“終着駅”の残党に連れ去られてしまいます。

ボブは足を切られ、終着駅の生き残りたちはそれを食べますが、「俺は噛まれて感染しているんだ」というと、吐き出します。

「確認しなかったのか」と、言い合いになる中で、ボブは気を失い倒れてしまいます。

 

■3話 ボブ、別れの時

サシャやリックは教会へ行き牧師に詰め寄ります。

牧師はアトランタ爆発の翌日、ドアに鍵を掛けていたと言います。
多くの信徒たちが訪れますがドアの鍵は閉めたまま、死者がやってきたー。

私は罪人だと言います。

牧師の懺悔を聞いている途中で、サシャは外の気配に気づきます。

教会の表には、ボブが置き去りにされていました。

ボブは学校のようなところで起きた出来事を話します。

そして、傷の手当てをしようとするサシャに、その必要はないと言ってフードバンクで噛まれた傷跡を見せます。

そして、ダリルとキャロルは車で去ったとー。

リックは牧師に心当たりの場所を聞くと、牧師は近くに小学校があると言います。

しかし、ユージーンを危険な目に遭わせないようにエイブラハムは先を急ぐと言います。

タラとグレンの説得により、翌日の正午まで待つという事になりますが、

リックたちは、先手を打つために作戦を立てます。

そして、ボブに付き添っていたサシャも後の事はタイリースに任せて、戦いに参加します。

リックたちが出ていったことを確認して、教会に残党たちがやって来ます。

教会に残っているのは、ボブ・タイリース・ユージーン・カールとジュディスー。

暗闇に紛れて身を潜めますが、ジュディスが泣き声を上げてしまいます。

その時、残党の一人が撃たれます。

リックたちは、教会から離れていなかったのですー。

残党たちは全滅。

朝になり、ボブと別れの時がやって来ます。

ボブはリックに自分を受け入れてくれたお礼を言って“ジュディスのためにも世界を変えてくれ”と言います。

それから少し眠り、再び目覚めたボブはサシャと話をし眠るように息を引き取りますー。

マギー・グレンとタラは、約束通りエイブラハムたちとワシントンに向けて出発します。

エイブラハムはリックに地図を渡し、待っていると言います。
新世界を見届けて欲しいー。それがエイブラハムのリックの対する想いでした。

夜、ミショーンが見張りをしていると、牧師が出てきて眠れないと言います。
教会の中は静かすぎてー。

そこで物音が聞こえて牧師は教会の中へ入っていきます。

ミショーンが確認すると、物音の正体はダリルでしたー。

 

■4話 ベスの行方、キャロルに一体何が!?

ベスはベッドの上で目を覚まします。

悲鳴を上げると警官とスティーブンという医師が入ってきて、ここはアトランタの病院だと言います。
彼らはウォーカーのことを腐人と呼んでいました。

医師スティーブンは優しく、一見、病院内は平和そうに見えましたが、けが人が次から次へと運ばれても医療器具は揃わず過酷な治療が続きます。

病院内はドーンが秩序を保つために取り仕切りますが、助けてもらった借りを返さないと外には出られませんでした。

そして誰もが狂っていたのですー。

ベスはノアと協力し合い、病院から脱走します。

しかし逃げる途中で捕まり、再び病院に連れ戻されてしまいます。

そして、次のけが人“キャロル”が病院に運び込まれます。

 

■感想

キャロルはシーズン1の頃から見比べると、随分変わりました。

あの頃の私は燃え尽きた。変わった私も燃え尽きたー、とキャロルが言うと、ダリルは“廃人にはなっていない”と答えます。

ダリルカッコイイ~~~。

ウォーキングデッドの登場人物で人気があるのは、ダリルではないかと密かに思っている私ですが・・・。

【スポンサーリンク】
2015年11月21日 ウォーキングデッド【シーズン5】1話&2話&3話&4話あらすじ&ネタバレ おぞましい世界の終末 はコメントを受け付けていません。 海外ドラマ