ウォーキング・デッド シーズン2 1~6話 あらすじ&ネタバレ感想 何が正義で何が悪なのか、世界が変われば人も変わっていくー

ウォーキング・デッド シーズン2は何とも奥深い濃い内容となっています。

未来への夢も希望もなく、ただ仲間を失っていくだけの日々。

そんな中、家族を守るために変わっていくリックと、大切な人を失ってから変わっていく人たちー。

でも、誰もが希望を捨てきれず生きることに必死なのです。

ウォーキング・デッド シーズン2は全13話と長篇なので、今回は1~6話まで。
※ネタバレと個人的見解をたっぷり含んでいますのでご注意下さい。

			
【スポンサーリンク】

◆シーズン2・1話 フォートベニングへ向かう途中で足止め、ソフィアが行方不明に

リックは無線機に向かって話し続けます。
仲間がまた一人減ったこと、そしてアトランタは出るべきだとー。

そして、フォートベニング基地を目指すが長い旅になるだろうということでした。

モーガン、無事を祈るー。

応答のない無線機に向かって、リックは語り続けます。

移動の車の中で、リックとローリは懐かしい思い出話を始めます。

シェーンは銃の手入れ・・・。

しばらく車を走らせると、たくさんの車が止まっていてまるで墓場のようになっていました。

そこでデールの車が故障してしまい、止まっている車から車の部品とガソリン・食料・衣類などを調達することにします。

しかし、車の中にいたウォーカーたちが目を覚まし歩き始めます。

数えきれないほどたくさんのウォーカーたちでした。

リック・ローリ・カール・シェーン・グレン・ダリル・キャロル・ソフィア・Tドッグは車の下へ逃げ込みますが、アンドレアはキャンピングカーの中にいたたため、ウォーカーに見つかってしまいます。

しかし、間一髪逃れることに成功しますがー、

キャロルの娘・ソフィアが二人のウォーカーに見つかってしまい山の中へ逃げ込みます。

後を追いかけたリックがソフィアを穴に隠し、ウォーカーの気を引いて倒しますが、今度はソフィアが行方不明になってしまいます。

リックとダリルはソフィアの足跡をたどり探すことにします。

ダリルは足跡を見分けることが出来るのでしたー。

一方、シェーンたちは車に戻り、食料や物資の調達を始めます。

行方不明になったソフィアを探していると、一体のウォーカーを見つけます。
爪に新しい皮膚片と口に新しい肉片ー。

ダリルがお腹を裂いて中を確認すると、それは動物のものでしたー。

安堵するリックとダリル。

しかし、日が暮れ始めたのでソフィアが見つからないまま、リックとダリルは車のところへ戻ります。

翌日、再びソフィアを探すために、今度はケガをしたTドッグと車の修理をするためデールが残り、二人以外の全員が山へと入ります。

途中、鐘の音が聞こえてきたのでその音を辿っていくと教会がありました。

しかし、教会の中に座っていたのはウォーカーたちでした。
鐘の音は、タイマーで鳴るようにセットされていたのです。

キャロルは中で休憩すると教会の中へ入っていきます。

その時、ローリと二人きりになったシェーンはグループを抜けると言います。
その話を聞いていたアンドレアはシェーンと一緒に行くと言います。

シェーンはローリを、アンドレアはエイミーを失った悲しみから抜け出せずにいたのです。

しかし皆の疲れた様子に、リック・カール・シェーンの3人でソフィアを探すことになります。

デールの待つ車に向かいながら、ローリは自分の持っている銃を欲しそうに見つめるアンドレアに銃を渡し、リックを責めるキャロルに、もうリックのことを責めるのはやめて欲しいと言います。

あの時、ソフィアを真っ先に追ったのはリックだった。

リックと同じこと、あなたたちには出来た?とー。

そして、リックが嫌なら離れればいいと、リックを頼るだけ頼って責めるなんてー。

ローリの心からの叫びに、反対するものは誰もいませんでした。

一方、リックも自分の判断が正しいのか間違っているのか分からず悩んでいました。
神に訴えるリックー。

再びソフィアを探すためにリック・カール・シェーンは歩き始めますが、途中で鹿に出会います。

そっと鹿に近づいていくカール。

しかし、その時カールが銃で撃たれてしまいます。

 

◆シーズン2・2話 カールが重症にー

シカ狩りに来ていた男の流れ弾に撃たれたカール。
リックは男の案内で、ハーシェルのところへカールを連れていきます。

幸いハーシェルのところにたどり着いた時、カールの鼓動は聞こえていましたが、鹿を貫通した弾が速度を落として命拾いはしたものの、体の中で弾は6つに砕けていたのです。

輸血が必要になるとハーシェルは言います。

リックはカールと同じA型でした。

リックは自分の判断は間違っていたと言います。

もっと早く車に戻っていれば、カールを連れて来なければー、そしてローリに早くこのことを知らせなければ、とー。

冷静な判断力を失ったリックを説得するシェーン。

シェーンは自分がローリを呼びに行くから、リックはカールの傍から離れてはいけないと言います。

シェーンの説得に落ち着きを戻したリック。

しかし次は、体の奥深くに入り込んだ破片を取り除くために手術する必要があり、そのために医療器具を揃えなくてはならなくなり

シェーンと鹿狩りをしていた男が高校へ緊急用器具を取りに行くことにします。

そして、ローリの所へはハーシェルの娘が迎えに行きます。

アンドレアがウォーカーに覆われかけた所へ馬に乗って颯爽と登場し、ウォーカーを一撃。
ローリを後ろに乗せて“グリーン農場”にいると残ったメンバーたちに告げて戻っていきます。

最初は驚きと悲しみを隠せないローリでしたが、その中でも落ち着きを取り戻しオースティンが“獣医”ということが判明します。

しかし、今はオースティンに任せるしか方法がありませんでした。

その一方で、医療用具を取りに行ったシェーンでしたが、高校はウォーカーたちで溢れかえっていました。

ウォーカーたちの気を反らしながら医療用具の入っている車にたどり着くシェーンたち。

リックはシェーンの帰りが遅いのでシェーンの所へ行くと言いますがローリとオースティンが引き止めます。

泣いても喚いてもいいからここに残って。
あなたが必要なのー。

ローリのその言葉にリックは思いとどまります。

しかし、医療用具の調達が終わって車の外に出るとウォーカーたちが・・・。

 

◆シーズン2・3話 希望と神の存在

シェーンは必ず戻ってきてカールは助かるー。

それがリックとローリの望みでした。

そして、ソフィアが見つからず涙が止まらないキャロルを見て、ダリルはソフィアを探しに出かけます。

アンドレアもダリルに付いていきます。

一方、グレンとTドッグがグリーン農場に到着します。

二人はケガを負ったTドッグが、ダリルに分けてもらったメルルの抗生物質を持ってきていました。

そして、そろそろ呼吸器なしで手術を行うか決断しなければならないとハーシェルは言います。

その言葉にリックとローリは二人で話し合います。

ローリは、この世界は子どもいるべき世界ではないと言います。
ウォーカーにいつ襲われるかと恐怖に怯える日々ー。

生きた方がいいという理由を教えてと、ローリはリックに問いかけます。

カールは目を覚まし、ローリに鹿を見たと言う話をします。
そして、すぐに意識を失いますー。

リックはカールに輸血しながら生きることには“感動”があると言います。
カールは鹿を見て感動したんだー。

信じてる?神の存在を。

初めて神に祈っているというグレンは、ハーシェルの娘・マギーに問いかけます。

誰もが生きることへの希望を失っていましたー。

そんな中、ローリはカールに生きて欲しいという決断をします。

手術が始まる寸前に、シェーンは医療用具を持って帰って来ます。
しかし、オーティスは戻ってきませんでした。

カールの手術は成功し、容体は安定します。

そしてシャワーを浴びるシェーンですが、頭の傷が髪の毛が剥げたようになっていたので、髪の毛を全部剃り始めます。

 

◆シーズン2・4話 グレン、マギーと恋に落ちるー!?

カールの意識が戻ります。
一番最初にソフィアの心配をするカール。

一安心したところで地図を手に入れることができ、翌日からソフィアを探すため本格的に始動することになります。

グレンは農場の娘と物資の調達に行くことになり、ローリはみんなには内緒でとメモを渡します。

その一方で、ハーシェルは農場への銃の持ち込みは禁止するということと、カールの傷が治りソフィアが見つかったら出ていって欲しいと言います。

そんな中、農場にある井戸の一つにウォーカーが落ちていました。
何とかしないと水が飲めなくなる。-ということで、ウォーカーを引き上げることになります。

ハムをロープの先に付けても喰いつく様子はなく、グレンが生餌としてロープを体にくくりつけて降りることにします。

ーが、ロープを固定していたものが地面から離れ井戸に落下。

間一髪、そこにいた全員で引き上げますがグレンは怒った様子でした。
しかし、グレンが投げたロープの先にはウォーカーがしっかりと縛り付けられていました。

ダリルは一人でソフィアを探し続け、シェーンはアンドレアに銃の手ほどきをします。
そして、グレンは娘と一緒に薬局へ行きます。

物資の調達、そしてグレンと娘は愛で結ばれますー。

ローリがグレンに頼んだものは妊娠検査薬でした。
調べてみると陽性という結果がでますー。

 

◆シーズン2・5話 ダリルとメルルの幻影

5話の回想シーン。シェーンはリックの望みを叶えるために、ローリとカールを逃がそうと必死でした。

しかし、通信が途絶え緊急避難の情報も得られなくなってしまいます。

ソフィアの捜索開始ー。

リックとシェーンはソフィアの捜索について意見が分かれてしまいます。

シェーンはリックに、いつまでソフィアを探し続けるのか、一人の少女の命とその他大勢の命のどちらが大切なのか、と問いかけます。

一方、ダリルはソフィアの持っていた人形を見つけますが、蛇に驚いた馬から落下。体に矢が突き刺さってしまいます。

一度は崖を上りますが、再び落下ー。

そこへメルルが登場します。しかしそれは幻影で、正体はウォーカーでした。

ウォーカーを撃退した後、ダリルは正気に戻り、幻影のメルルに罵られた勢いで生きる気力を取り戻します。

しかし、農場に戻ったダリルは、ウォーカーと勘違いしたアンドレアに撃たれてしまいます。

幸い、かすり傷で済みますが、シェーンはやはり捜索を続けるのは反対だと言います。

その話を聞いていたローリはシェーンに、ソフィア探しは続けるべきだと言いますが、シェーンはローリとカールのことしか考えていませんでした。

 

◆シーズン2・6話 ローリの妊娠と納屋にウォーカーが・・・

グレンは、ハーシェルの農場でウォーカーを囲っていることとローリの妊娠を知ってしまい、嘘をつくのが苦手で困ってしまいます。

挙動不審になるグレン・・・。

そして、カールを始め、ハーシェル農場の女性たちが銃を教えて欲しいと言ってきます。

カールが銃を持つことにローリは反対しますが、リックはカールも安全な使い方を覚えて銃を持つことが必要だと言います。

シェーンの拳銃教室が開催される一方で、グレンから納屋の秘密を聞いたデールがハーシェルに問いかけます。

納屋の中のウォーカーは病気に感染した人間で、ハーシェルの妻と義理の子どもが居ると、ハーシェルは答えます。

しかし、ハーシェルはローリに、カールが元気になったら農場を出ていくように言います。

ローリはそのことでリックを問い詰めますが、その一方で肉の匂いにつわりが起きてしまいます。その様子をみて優しく話しかけるデール。

ローリは、今の世の中に生まれてきた子供が幸せになれるかー。不安と恐怖でいっぱいでした。

いつもの薬局に物資を調達に行くグレンとマギー。

マギーはそこでウォーカーに襲われかけて怒っていました。

大切な人を3人も失くしたマギーは、物資の調達を頼んだローリのことを、グレンを危ない目に遭わせたと怒ったのです。

一方、アンドレアとシェーンはソフィアがいるかもしれない住宅街へ、ソフィアを探しに向かいます。

しかし、そこにソフィアの姿はなく、代わりに多くのウォーカーたちが登場します。

シェーンのアドバイス通りに銃を撃つアンドレア。

グレンはローリのことを心配します。

そして、どうしようかと迷っているローリに妊婦用ビタミン剤を渡し、リックに相談するべきだと言うのでした。

一度は口にした中絶薬を吐き出すローリ。

そして、車が一台直ったから遠くまで行けると、シェーンに伝えるデール。
デールはリックに銃口を向けたシェーンに気づいていました。

リックは、中絶薬に気づきローリに問いかけます。
いつ気づいたのかとー。

どうしようかと悩んでいるローリに、リックは乗り越えられると言います。

シェーンとの事など、全てを打ち明けるローリ。

リックは、自分が死んでいたことになっていたのだから仕方ないと思っていました。

それよりも、自分に一番最初に相談してもらえず、一人で苦しみを抱えてしまったローリに苛立ちを覚えていたのですー。

【スポンサーリンク】
2015年10月28日 ウォーキング・デッド シーズン2 1~6話 あらすじ&ネタバレ感想 何が正義で何が悪なのか、世界が変われば人も変わっていくー はコメントを受け付けていません。 海外ドラマ