情熱のシーラ あらすじ&ネタバレ&感想 13話 シーラのマーカスの再会にドッキドキ!

情熱のシーラ13話で、シーラはポルトガルのリスボンへ行きます。
今回のターゲットはマヌエル。

マヌエルは輸入や輸出の仕事を手掛けていて、
アランたちはマヌエルのドイツ側との接触を疑っていました

その真相を調べるために、シーラは13話・14話で任務を遂行するのですが
ポルトガルでマーカスに再会します。

再び、シーラは恋の炎が燃え上がるのでしょうかー。

今回は、情熱のシーラ13話のあらすじと感想です。
(※13話・14話のネタバレを含みますのでご注意下さい)

			
【スポンサーリンク】

◆情熱のシーラ 13話 あらすじ&ネタバレ

 

父・ゴンサーロのの再会により、ドイツ寄りのベルタに
イギリス人側の人間だとバレてしまったシーラは窮地に陥ります。

夕食会でせっかく、マヌエルとの接触に成功したと思ったのに
途中で追い返されてしまったシーラ・・・。

しかも、マヌエルはあと少しでポルトガルに帰ってしまいます。

そういえば、マヌエルのネクタイピンはー。

マドリードのショップで、
マヌエルが買ったネクタイピンを見せてもらうことに成功したシーラは

マヌエルの滞在しているホテルを突き止めます。

直接、マヌエルに会ってマドリードで手に入らない生地を
売って欲しいと交渉すると

小口の販売はしないと言いながらも
マヌエルはシーラを夕食に誘います。

二人は早速仕事の話から始めます。

マヌエルは、戦時中は絹はとても貴重で
絹はパラシュートなどに使われるのだと言います。

もったいないー、パラシュート1個分で10着のドレスが作れるのに・・・

結局は、マヌエルは生地が欲しければ
ポルトガルに来るようにと言います。

アランはシーラがまだドイツ寄りの人間の名簿に名前があると言います。

その時、シーラはマヌエルにポルトガルに来るように誘われたことを話し
アランは驚きながらもポルトガル行きの手配をすると言います。

ゴンサーロに、しばらく旅に出ると報告します。

「いつでも帰っておいで」
それが、ゴンサーロの父親としての言葉でした。

今回、ポルトガルへ言った時の注意事項などの詳細は
アランではなく女性から指示を受けます。

滞在期間は1週間。

マヌエルは女好きだけど、昔気質のポルトガル人なので
シーラの身に危険はないでしょうと言うことでした。

ポルトガル リスボン。

迎えに、アランの運転手を務めるジョアンが来ていました。

マヌエルの父親の代から勤めているというジョアンはおしゃべりで
シーラはそこから何か情報が得られるかと思いましたが

ジョアンの口から得られる情報は、特に何もありませんでした。

とりあえずホテルで一休みして
再びジョアンの運転する車でリスボンに向かうシーラ。

リスボンもとても魅力的な町でした。

マヌエルの経営するダ・シルバ投資会社に着くと
秘書のベアトリースがいました。

ベアトリースも後に重要となる人物ですがー

早速、マヌエルは「君は特別な客だ」と言って
商談を始めます。

ポルトガルに滞在中のスケジュールはすでに用意されていて

シーラの仕事に必要な生地や小物を扱う各業者との
商談が出来るように準備されていました。

それから、シーラはジョアンの運転する車でシアトルへ向かい
たくさんの買い物をします。

「もう限界」

疲れたシーラは、ジョアンの勧めるお店で一休みすることにします。

そこで、偶然にも出会ったのはー

マーカス・ローガンでした。

シーラは、マーカスとの再会に驚き
すぐに店を出てジョアンの運転する車に乗りこみます。

出発したシーラの車の後ろには、マーカスの姿が・・・。

そのままホテルへ戻ると、シーラは海を見に散歩に出かけます。

その時、シーラはジョアンの運転する車を見かけます。
ジョアンはシーラの事を見張っていたのです。

翌朝、迎えに来たジョアンにシーラは
昨日ジョアンの姿を見かけたことを話します。

焦るジョアンー。

ですが、とりあえずはそのままジョアンの運転で出かけます。

その日の夜は、マヌエルとの晩餐会。

二人はホールでダンスを楽しみます。

すると、そこにマーカスの姿がありました。

マーカスとマヌエルは以前からの知り合いだったようで
「久しぶりだなー」とマヌエルはマーカスに言います。

マヌエルから紹介を受けて
「初めまして」とシーラはマーカスに挨拶をします。

再び、シーラとマヌエルがテーブルに着くと
マヌエルは仕事が入ったと言って席をはずします。

化粧室に行った帰り、ホールに入るカーテンの影で
シーラはマーカスに捕まります。

シーラは腕を掴んだマーカスの手を振り解こうとしますが

「お願いだ、マヌエルとは何の関係もないと言ってくれ。」

「ここで何をやっている、あの時のシーラはどこへ行った?」

と、シーラは言います。

何も答えず、マヌエルの元に戻るシーラ。

シーラは、マヌエルが何かを話していても上の空でしたー。

 

◆情熱のシーラ13話の感想と14話のネタバレを少々

 
13話で、シーラは自らマヌエルの招待を受けてポルトガルへ向かいます。

原作では、アランの指示でポルトガルへ行くのですが
ドラマのほうは、シーラが自らの足で前に進んでいる様子が描かれています。

シーラは、本当にスパイの素質を持った女性だったのですねー。

さらに、マーカスとの再会!!

二人はお互いに思い合っているんですね。
何ともドラマチックな展開になりそうなので楽しみです。

さて、14話ではマヌエルの秘書・ベアトリースの協力を得て
シーラは重要なパーティが開催されることを知ります。

そして、シーラが手に入れた名簿にマーカスの名前がありました。

その名簿は、マヌエルたちが消そうとしている
イギリス人側の名前が書かれているものでした。

マーカスの身に危険がー。

そのことを知ったシーラは、また一肌脱ぐことを決心します。

情熱のシーラは全17話で、最終回まで残すところあと4話となりました。
これからの展開に大期待です!

 

【スポンサーリンク】
2015年9月7日 情熱のシーラ あらすじ&ネタバレ&感想 13話 シーラのマーカスの再会にドッキドキ! はコメントを受け付けていません。 ドラマ