ピース オブ ケイク【映画】原作の結末やキャストをネタバレ!?

ジョージ朝倉さんの漫画「ピース オブ ケイク」を今読み終わったところですが、まだドキドキしています。

不器用な志乃と京志郎の恋愛物語ですが、本気で人を好きになるってどういうことなのかー、を、考えさせられるストーリーとなっています。

彼女がいるから好きならないとか、嘘をつかれたから嫌いになるとか、そうやって気持ちをコントロールできたら恋愛もずいぶん楽になるのに・・・・

なんて、考えてしまいました。

このドキドキの胸キュンストーリーに加えて、映画「ピース オブ ケイク」は超豪華なキャスト陣となっています。

今回は、原作のあらすじや結末、キャストなど書いています。(ネタバレ注意です)

			
【スポンサーリンク】

◆主題歌

 

「ピース オブ ケイクー愛を叫ぼうー」加藤ミリヤ feat.峯田和伸

 

◆キャスト&登場人物の解説

 
・梅宮志乃・・・多部未華子

志乃は押しが弱くて流されやすいタイプの女性。
告白されると、ついそのまま付き合ってしまい二股になってしまうことも・・・。

・菅原京志郎・・・綾野剛

“あかり”という彼女がいながら、隣に越してきた志乃が気になって仕方ないビデオ店の店長。
志乃が告白すると不愛想な態度を取るが、ある日、あかりが姿を消し志乃を愛し始める。

しかし、あかりときちんと別れていないため、志乃が感じる不安を拭い去ることが出来ずに喧嘩をしてしまう。

そんな時、あかりが京志郎の前に姿を現しー。

・オカマの天ちゃん・・・松坂桃李

天ちゃんは心優しいオカマで、志乃の友人。
自分が働いているビデオレンタル店のバイトを志乃に紹介する。

・ナナコ・・・木村文乃

志乃と天ちゃんの同級生。
親友として志乃の心に寄り添う。

・成田あかり・・・光宗薫

京志郎の恋人。“あかり”という名は偽名で、ある日突然、京志郎の前から姿を消す。
その後、小説を出版する。

・川谷・・・菅田将暉

ビデオレンタル店の店員。志乃にちょっかいを出す。
京志郎と別れた志乃から連絡があり、それからしばらくいい仲になる。

・正樹・・・柄本佑

志乃の元カレ。何かと口うるさい男だが、志乃はその率直な物言いが好きだった。
しかし、正樹は自分の言いなりになりきらない志乃に別れを告げる。

・ミツ・・・小沢亮太

元同僚。志乃が正樹と付き合っていた頃の浮気相手。

・千葉・・・峯田和伸

劇団団長

 

◆あらすじ&ネタバレ

 
志乃は不器用な女の子ー。

今までの彼氏は、好きだと言われたから何となく付き合ってきた。

観葉植物は時々買ってきては枯らしてしまうー。

本当はタロイモだかクズイモが欲しいのに・・・。

 

・志乃、彼氏に振られ職を失う

 
買って来たばかりの“幸福の木”も枯れてしまい、バイト先では二股がバレて村八分。

そのバイト先で従業員のロッカー室で盗難事件があったことから、勢いで志乃はその場でバイトを辞めてしまう。

そして、ついにはプロポーズしてきた正樹にまで別れを告げられる。

そんな中、母親から電話が掛かってきて、実家に帰りたいと言うと春伯父さんのアパートに行けと言われる。

実家は兄夫婦が一緒に暮らしていて志乃の居場所はないし、そこなら敷金礼金を出してあげるから。とー。

子どもの頃の記憶・・・そういえば、畑の近くにサトイモ畑があって・・・
タロイモだかクズイモ、買わないでいいじゃんー。
 

・志乃、京志郎との出会い

 
春伯父さんのアパートの前は、残念なことにサトイモ畑は駐車場になっていた。
部屋の前には猫の額の広さの庭があって雑草が生えまくっている。

引っ越しを手伝ってくれた友人が泊まってはくれたけど、正樹と別れた寂しさが体にべっとり張り付いて離れない。

眠れないので、夜中に庭の草むしりをしていると、隣人が顔を出すー。

「やっと風が吹いたー」能天気に笑う男は、翌日、志乃がアルバイト面接に行ったビデオ店の店長だった。

風俗好きで女の子に弱い店長は、女性と暮らしていた。

その女性は庭でトマトやきゅうりを育てていて、勝手に盗っていかないでよね。
言えばあげるからー、と言う。

そして「京志郎もね」とー。

ビデオ店の店長・京志郎と暮らしている女性の名前はあかり。

突然、京志郎の部屋にやってきて一緒に暮らすようになったあかりは、
自分でも気づかないほど京志郎の事を好きになっていて

京志郎もまた、あかりのことを愛おしく感じていました。

志乃は、あかりの存在を感じながらも京志郎に惹かれていき
京志郎もまたあかりと志乃の間で気持ちが揺れ動きますー。

志乃の家にクワズイモが届いた日ー、

あかりは合鍵の入った封筒をポストに入れて京志郎の家を出ていきます。

京志郎はあかりを探そうとしますが

10ヶ月の間、京志郎の家に住みついていた“あかり”は、身元・住所不明。
おそらく名前も偽名だろうということになります。

それからしばらくして、志乃と京志郎は付き合うことになります。
 

・志乃、京志郎、あかりの別れと再会

 
幸せになったら不幸の準備を始めるー。

志乃は、あかりの存在に怯え不安を感じるようになります。

不器用な志乃と京志郎ですが、アパートを取り壊すことになり、京志郎は志乃に一緒に暮らそうと提案します。

そんな矢先、渋谷ナオミという作家が「旅の採光」といタイトルの本を出版します。

小説の主人公・ナオミは母子家庭で育ち、親戚の間で仲の良い伯父のところへ嫁入りしてはどうかと
話が持ち上がります。

もちろん、その話は断りますが伯父は自殺。

唯一の存在だった母親もパートで勤めていた工場が倒産になり、さらに工場の社長と逃亡してしまいます。

一人置いて行かれたナオミは上京しますー。

そして、渋谷ナオミの小説には後書きがありました。

京志郎ごめん、ありがとう。

こわくて逃げ出したけど
ほんとにほんとは
大好きだった!

渋谷ナオミ、別名“あかり”。

それを京志郎が読んだ直後、あかりが姿を現します。

小説のナオミは明るい部分はフィクションで、本当のナオミは植物状態の母親を置いて出てきていたのです。

その母親が死んでしまって、半狂乱状態のナオミを京志郎はほっておけませんでした。

ナオミのところへ行っていることを知ってしまった志乃は、京志郎と別れてしまいます。

そして太陽にあてるために外に出していたクワズイモも、雨に打たれ枯れてしまいます。

 

・結末はー。

 
それから1年半後ー。

渋谷ナオミの新しい本が出版されます。そこには、ナオミと京志郎の別れが綴られていました。

志乃は、京志郎とナオミが分かれていたことを知ります。
そんなある日、二人は偶然の再会を果たします。

逃げる志乃を追いかける京志郎ー。

京志郎の家の庭は、クワズイモで埋め尽くされていました。
そして、その翌日には京志郎は志乃に会いに行くつもりでいたのです。

喧嘩をしながら二人は・・・♪

 

◆感想・まとめ

 

【スポンサーリンク】
2015年9月2日 ピース オブ ケイク【映画】原作の結末やキャストをネタバレ!? はコメントを受け付けていません。 映画